スポンサーリンク

【釜山旅行】韓国No1ビーチ!海雲台(ヘウンデ)ビーチと海雲台伝統市場!

韓国・釜山(プサン)

こんにちは。Sunny(@S7blog)です!

今回は釜山(プサン)でもっと有名な観光地「海雲台(ヘウンデ)ビーチ」、「海雲台伝統市場」を紹介します。

海雲台(ヘウンデ)ビーチ

青い海と白い砂浜が約2kmも続く海雲台(ヘウンデ)は、釜山だけではなく韓国内でも最も有名なビーチです。

 

夏には全国から海水浴客が一日に50万人も集まる事があるほどの人気です。

海雲台(ヘウンデ)は超高層ビルのすぐ隣がビーチという面白い風景です。

海雲台のアクセス:地下鉄2号線「海雲台(ヘウンデ)駅」3番出口より徒歩約10分。

「海雲台(ヘウンデ)駅」を出るとビーチまで向かう道にはイルミネーションが飾ってありました。

 

見てください~

この青い海と空!砂浜がまぶしいです。^^

 

夏には下記のTicket Boxでパラソルやビーチチェアー等が借りられ、マリンスポーツも申し込めます。


 

スポンサーリンク

 
 

海雲台(ヘウンデ)SEA LIFE釜山アクアリウム

海雲台(ヘウンデ)ビーチの真中あたりにある韓国最大級の水族館「SEA LIFE釜山アクアリウム」。

約80メートルの大水槽の海中トンネルではサメもいて、見ごたえたっぷりです。

「SEA LIFE釜山アクアリウム」は様々なショーや展示も充実しています。

 

  • 営業時間
    – 月〜木曜:10:00 – 20:00(最終入場時間:19:00まで)
    – 金〜日曜:09:00 – 22:00(最終入場時間:21:00まで)
  • 入場料金:大人29000ウォン/ 小人23000ウォン


 

海雲台温泉足湯

「SEA LIFE釜山アクアリウム」の隣には「海雲台観光案内所」があり、「海雲台温泉足湯」も隣接しています。
 

最大80人が同時に足湯を楽しむことが出来ます。

無料なので散歩に疲れたら「海雲台温泉足湯」で一休みするのも良いですね~


 

スポンサーリンク

 
 
またビーチに戻ると、所々にはオブジェが置いてあり撮影スポットになっていました。

ビーチには「対馬の展望台」まであります。

ビーチでのんびりする人も多いです~

ビーチのはじには「ウェスティン チョースン ホテル(The Westin Chosun Busan)」があります。
 

ホテルのラウンジやレストランでは海雲台(ヘウンデ)ビーチを眺めながらお茶や食事が出来ます。

「ウェスティン チョースン ホテル(The Westin Chosun Busan)」のすぐ隣は冬柏島(トンベクソン)です。
 

今回はお腹もすいたので「海雲台(ヘウンデ)駅」の近く「海雲台伝統市場」へ行ってみることにしました。

 

スポンサーリンク

ローカルなグルメ天国「海雲台伝統市場」

「海雲台伝統市場」はローカルな雰囲気を味わえる市場 です。

食堂や屋台グルメなどが並び、地元のグルメを楽しむにはオススメです。

 

「海雲台伝統市場」は釜山名物「コムジャンオ」の専門店が多く立ち並んでいます。

「コムジャンオ」は日本では「ヌタウナギ」と呼ばれあんまり見かけることはないですが、釜山では庶民の味として昔から親しまれています。

 

店前の水槽には大量の「コムジャンオ」が入っています。

「ヤンニョム コムジャンオ」が有名なのでチャレンジしてみてください!

 

 

下の地図の①が「海雲台伝統市場」の入口です。

ビーチ近くの②は「SEA LIFE釜山アクアリウム」、③は「海雲台温泉足湯」です。

④は「ウェスティン チョースン ホテル(The Westin Chosun Busan)」です。

海雲台(ヘウンデ)は海だけじゃなく、温泉・水族館・韓国グルメまで楽しめます。

釜山(プサン)に訪れた際はぜひ立ち寄ってみてください!

 

海雲台(ヘウンデ)のすぐ近くには冬柏島(トンベクソン)があります。

こちらの記事をどうぞ!

【釜山旅行】冬柏島(トンベクソン)とヌリマルAPECハウスの散策!釜山一ホットなThe bay 101(ザ・ベイ101 )!
こんにちは。Sunny(@S7blog)です! 今回は「冬柏島(トンベクソン)」ときれいな夜景で若者に大人気の「The bay 101」を紹介します。 冬柏島(トンベクソン) 「冬柏島(トンベクソン)」は海雲台(ヘウンデ)ビーチの...

 

 

スポンサーリンク

コメント