スポンサーリンク

【簡単解決!】ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

Googleアドセンス

こんにちは。Sunny(@S7blog)です。

Googleアドセンスのサイトを開いたら【要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。】という警告がホームに赤く表示されていました。

 

Googleアドセンスのトラブルかと焦ってしまいましたが、無事解決することができました。

 

ads.txtとは?

ads.txtは、グーグルアドセンスの広告主に対して、正しい【サイト運営者のアカウントID】を知らせるものです。

 

必須ではないですが、Googleアドセンスはads.txt を使用することを強くおすすめしています。

Googleアドセンスのおすすめだけじゃなく、ads.txtを使用するメリットもあります。

 

①広告主は安心して、サイト運営者に広告を依頼することができる。

②偽装された広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができる。

 

毎回Googleアドセンスのサイトに警告が表示されるのも気になるので、早速ads.txtファイルをサイトに導入しましょう。

今回は【エックスサーバー】でads.txtファイルを設定する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

ads.txtファイルをサイトに導入する方法。

 

ads.txtに書き込む内容は?

ads.txtファイルに書き込む内容は、下記のたった1行です。

 

google.com, pub-【サイト運営者 ID】, DIRECT, f08c47fec0942fa0

【サイト運営者 ID】を自分のIDに変更すれば、あとはコピペでOKです。

それでは、【サイト運営者 ID】を調べてみましょう。

 

【サイト運営者ID】の調べ方

 

1.Googleアドセンスのホーム→①アカウントをクリック。

 

 

2.サイト運営者IDは「pub-」から始まる数字①が【サイト運営者ID】です。

 

【サイト運営者ID】が確認できたので、次はエックスサーバーでads.txtファイルを設定しましょう。

 



 

エックスサーバーでads.txtファイルを設定する方法

 

1.エックスサーバーのファイルマネージャーにログインします。

 

2.ファイルマネージャーが開いたら、①ads.txtファイルを導入するサイトをクリック→②ファイル名の文字コードを「UTF-8」に変更します。

 

3.①「public html」をクリック。

 

4.①「作成」をクリック→②「ads.txt」と入力→③「ファイル作成」をクリック。

 

スポンサーリンク

 

 

5.ads.txtというファイルが追加されます。

①「ads.txt」の左にチェック入れます。→②「編集」をクリック。

 

6.ads.txtファイルに①下記の一行を入力。

google.com, pub-【サイト運営者 ID】, DIRECT, f08c47fec0942fa0
②文字コードは「UTF-8」になっているか確認→③「保存する」をクリック。

 

 

以上でads.txtファイルの設定は完了です。

これでGoogleアドセンスホームページの警告も消えます。

お疲れ様でした!^^

 
 

スポンサーリンク

コメント